• HOME
  • 地震・防災対策

地震・防災対策

福山ガスでは一定震度以上の地震が発生した場合は、二次災害を防止するため、ガスの供給を停止し、ガスの漏えいを最小限にくい止めるシステムで対応します。

ガスの供給を停止するシステム

主要施設のガス緊急遮断

天然ガス受入基地設備、ガスホルダー等主要な施設には緊急時に遠隔操作にてガスを遮断できる「緊急遮断弁」が設置されています。

主要施設のガス緊急遮断

地震時の安全の確保

1マイコン遮断

ガス使用中に震度5弱相当以上の地震を感知したら、マイコンメーターが自動的にガスを止めます。
福山ガスでは、例外を除きマイコンメーターを100%設置しています。

2供給停止区域をブロック化し地震被害の状況により供給をストップ

大規模な地震が発生した場合、震度が大きい地域や建物倒壊等の被害が多数発生している地域は、二次災害を防止するため、あらかじめ設定したブロックごとにガスの供給を停止します。
また、地震の強さと被害状況を判断するため、地震計(SIセンサー)8基を供給区域内に設置しています。

地震がおきたとき