ガス空調(GHP・吸収式)

ガスを使って空調することで、電力のピークカットに貢献でき、契約電力の低減を図ることができます。

省エネ・節電に貢献できます

工場や施設、店舗などで使う消費電力の多くが空調に使われています。都市ガスで空調することにより、夏場の電力ピークカットに貢献できるだけでなく、消費電力を減らせるため、契約電力の低減や受電設備の軽減が図れます。

ガス空調の種類

GHP(ガスヒートボンプ)エアコン

液体は蒸発するときには、周囲の熱を奪い、気体が凝縮するときには熱を発生します。GHPは、その性質を利用して、ガスエンジンでコンプレッサを動かし、冷媒を凝縮、蒸発させながら循環させることで、冷暖房を行います。

ナチュラルチラー(ガス吸収冷温水機)

水を冷媒とし、吸収液に臭化リチウム水溶液を使用するため、フロンをまったく使用しない空調システムです。

お問い合せはこちら

福山ガス株式会社 営業本部 開発グループ

お電話でのお問合せはこちら

084-931-3118(直通)